スタッフ紹介

院長紹介

けん幸整体院こまつの院長 麻田 浩

プロフィール

名前麻田 浩
出身地石川県小松市
趣味・特技スキー、ジョギング、ロードバイク
好きなスポーツスキー
よく聞く音楽

MISIA

好きな食べ物お寿司
好きな動物ねこ(我が家のペットの名前は”むぎ”)
保有資格国家資格(柔道整復師)、DRTマスターインストラクラー
ハマっていることナイトウォーキング
休日の過ごし方ジョギングや、ロードバイクなどで体を動かしています。
目標80才まで元気で治療家を続けること

あなたのお身体に全力サポート

施術をする院長 麻田 浩

初めして、“けん幸整体院こまつ”の院長 麻田 浩です。

私は昭和40年2月16日に小松市で生まれ、血液型はO型の54才です(H31年4月時点)

家族は息子夫婦と娘です。

小学生の頃から体を動かすことが好きで、冬は競技スキーをし、中学では陸上、高校ではハンドボールをしておりました。

運動痛に、時々体を痛めることがあったのですが、その時は私の父の知り合いで整体をしている方にいつもお世話になっていました。どんな痛みも数回で楽になりましたが、施術はとても痛かった思い出があります。でもこんな整体師さんみたいに他人の痛みを楽にしてあげることが出来たらいいなと考えていました。

大学では愛知県に行き、ファミリーレストランで調理のアルバイトをしてバイクを乗り大学生活を楽しんでおりました。

その2年生の時に、バイクで転倒した際に肩甲骨を骨折して約1ヶ月、三角巾での固定を余儀なくされ三角巾を外した後、初めて接骨院を受診し、接骨院の仕事を初めて知り興味を持ちました。

ただ、大学卒業時は調理職に興味があり、そちらの道に進みましたが、離婚を機に約10年で退職。

今後の仕事を考えていた際に、依然から興味があったお体を施術する仕事を通して、高齢化へ進んでいる社会状況ややスポーツなどでケガをしている方に、全力でサポートしたいと考えて地元に戻り、国家資格の柔道整復師の免許を取得し接骨院を開業しました。

より深いお悩みの方へ全力サポート

御茶ノ水カイロプラクティックの上原先生と麻田

(お茶の水カイロプラクティック 上原 宏先生との写真)

開業以来、急性外傷を中心に施術をしていましたが、世の中にはお身体のことでもっと深いお悩みで苦しんでいる方が多いことを知り、それからいろいろな施術方法を勉強しました。

開業から約10年目に、DRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)を考案したお茶の水カイロプラクティクの上原先生と出会い、DRTの治療技術のすばらしさ、上原先生の人柄にあこがれ、DRTの施術を通じ、お身体のことで悩んでいる方、つらい思いをしている方のお役に立ちたいと考え、「あさだ接骨院」から「けん幸整体院こまつ」へ屋号を変更し、DRTを主な施術として、現在も上原先生のもと日々精進しております。

5分間背骨ゆらしで体じゅうの痛みが消える 上原宏先生著(5分間背骨ゆらしで体じゅうの痛みが消える:上原先生著書)

DRTはとてもやさしい施術で、しっかりした指標の基準もあります。

あなたのお身体の痛みは「これ以上無理は出来ない!」という重要なメッセージを身体が発信している状態です。

背骨・首を正しいバランスに調整すると痛みは自然と和らぎ始めます。

あなたのその大切なお身体を良い状態にするサポートをさせて頂きたいと思います。

痛みの起きにくいお身体を一緒に取り戻していきませんか?

様々なお身体のお悩み、我慢している痛みで辛い思いをしている方を全力でサポートすることが出来ればうれしく思います。

どうぞよろしくお願い致します。 麻田 浩

DRTベーシックインストラクターDRTアドバンスインストラクターDRTマスターインストラクター日本DRT協会認定院