背骨はなぜ大切なのか!

- update更新日 : 2022年06月22日
folder背骨健康痛みlabel背骨、健康、痛み

 

■背骨はなぜ大切なのか!

「背骨」は人間では柱と言われるとても大切な役割をしています。

頭を支えて、内臓を保護し、前後左右のバランスをとり、体が様々な動きが出来るような構造になっています。

首の骨が7個、胸の骨が12個、腰の骨が5個、仙骨と言われる骨が1個、合計25個の骨で構成され、一つ一つの骨の大きさや形が違います。

「背骨」は、横から見るとS字のような形で、前や後ろからか見ると真直ぐに見えますが、実際に歩いたり走ったりする時は左右に少し動いています。

背骨の一つ一つが微妙に動くことで、体はいろんな動作が出来るのです。

また、背骨にはとても大切な神経が背骨の中を通っています

脳からの大切な信号を送り、体中からの情報を受けて、体の機能を維持しています。

事故などで首の骨を損傷すると、下半身が動かなくなったり、感覚がなくなったりする可能性があり、重度の損傷になると命の危険につながります。

背骨のゆがみがあると、体はそれ以上ひどくならないように筋肉が緊張し、踏ん張ります。

そうすると筋肉が硬くなってしまい、肩こりなどの症状が出て、徐々に体全体が硬くなってしまいます。

背骨を良い状態で維持することは、健康と密接な関係がありとても大切になります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【人生を元気で過ごすための3つのポイント】

①「お身体の使い方や姿勢」に気を付ける。

②「背骨のゆがみ」を良い状態にする。(定期的なメンテナンス)

③「水」を飲む。